ピアノ英語を学ぶ。【強弱記号】

私はアメリカ人のパートナーがいまして、現在アメリカにすんでおり、普段から英語を使って生活をしています。

しかし、アメリカではピアノ教室や音楽教室などには通ったことはなく、音楽用語やピアノ関係の英語で、日本語では言えるけど、英語ではどういうんだろう🤔❓ということが多々あります。

そこで、利用している英語の楽譜や教則本、また、ピアノ動画をあげている海外のピアニストやYouTuberの英語の中からピアノ英語を学びながら、ご紹介していきたいと思います🤓🤓☝️

【強弱記号】を英語で。

強弱記号って、楽譜に書かれているこんなやつです。☝️😃

ピアノ、クレッシェンド、デクレッシェンド

音の強弱を指示する時に使われます。

英語で音の強弱は Dynamics(ダイナミックス)といい、

強弱記号は Dynamic Signs(ダイナミックサイン)と言います。


Dynamic Signs(ダイナミックサイン)の種類

強弱記号ですが、そもそもイタリア語で書かれており、日本でもイタリア語の表記をそのまま使っていますね。🤔

英語でも一緒で、強弱記号はイタリア語表記のまま使っています。それなので、イタリア語の表記さえおばえておけば大丈夫。読み方も一緒。(ちょっと英語っぽく発音する。笑)😂

イタリア語サイン読み方意味
pianopピアノ弱く
fortefフォルテ強く
mezzo pianompメゾピアノ少し弱く
mezzo fortemfメゾフォルテ少し強く
pianissimoppピアニッシモとても弱く
fortissimoffフォルテッシモとても強く
crescendo (cresc.)<クレッシェンドだんだん大きく
decrescendo (decresc.)>デクレッシェンドだんだん小さく
ほんの一部をご紹介


ちなみに英語ではそれぞれ下のように説明されていました。😀

イタリア語サイン英語の意味日本語の意味
pianopsoft弱く
fortefloud強く
mezzo pianompmoderately soft少し弱く
mezzo fortemfmoderately loud少し強く
pianissimoppvery softとても弱く
fortissimoffvery loudとても強く
crescendo (cresc.)<gradually louderだんだん大きく
decrescendo (decresc.)>gradually softerだんだん小さく
p がソフトと表現されているのは良いですね。

ちなみに、(強く、大きく)という意味の Forte ですが、

英語では(人の長所、強み、得意なこと)などという意味もあります。😳☝️


Dynamics, Dynamic Signs 例文

Dynamics are indicated by specific music notation.
強弱は決まっている音楽記号によって表されます。


Dynamic signs are written in Italian.
強弱記号はイタリア語で書かれています。


mp is quieter than mf.
メゾピアノはメゾフォルテよりも静かです。


This part of the song is played forte.
この曲のこの部分はフォルテで演奏されます。


Singing is not my forte.
歌を歌うのはあまり得意ではありません。(ここのForteは得意という意味)


以上、

強弱記号は万国共通でイタリア語表記が多いので、イタリア語の表記さえ覚えてしまえばほとんどの楽譜が読めちゃいますね🤓🎹

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする