ピアノ初心者向け。ピアノ楽譜の基本、楽譜を読む。その1

ピアノのアプリやYouTubeなどを見ながらピアノの練習をするから、楽譜なんて読めなくても良いや😗というかた😀☝️


そういうスタイルでももちろんいいと思います😚


ただ☝️、弾ける曲(レパートリー)を増やしたかったり、

初見でも曲を弾けるようになりたいと思っているかた、

楽譜の読み方を少し勉強してみませんか😀❓


まずは実際に楽譜を読む前に、という記事も書きましたのでよければまずはそちらからご覧ください。

ピアノ初心者向け。ピアノ楽譜の基本、楽譜を読む前に。

音階(ドレミ)の位置

まずは音階(ドレミファソラシド)の場所を覚えないといけませんね。😃

ト音記号とへ音記号でドレミの位置が違いますので、それぞれ覚えるしかないです。😅

上がト音記号、下がへ音記号

音符は上に書かれば書かれるほど高い音になり、

下の方に書かれれば書かれるほど低い音となります。😀☝️

こればっかりはもう覚えるしかないのですが、、、😅

まずはドミソの3つの音の場所を覚えると良いかもしれません。🤔

そうすれば、ドの音より一つ上だからレ。ソの音より2つ上だからシと読むことができます。😃

あと、できるだけト音記号、ヘ音記号両方を一気に覚えてしまったほうがいいと思います。😂


音符の種類とその意味

さて、音階の場所が分かったら次は音符の種類を覚えましょう。😃

主な音符の名称

全音符は丸のみで、”棒”はついていません。☝️

2分音符4分音符は似ていますが、

2分音符は”たま”が塗りつぶされておらず、4分音符は”たま”が塗りつぶされています。☝️

8分音符4分音符に”はた”ついた形です。

また、8分音符が続く場合は”はた”をつなげて書く場合もあります。😃


音の長さは次の通りです。😃🎼

上の楽譜は4分の4拍子。なので、(1234,1234,1234)とリズムをとります。☝️

そうすると、それぞれの音符の長さは、

全音符は4拍。2分音符は2拍。4分音符は1拍。8分音符は半拍(0.5拍)です。

実際にピアノで弾いてみるとこんな感じ。🎹↓


それでは下の楽譜はどのようなリズムになるでしょうか?

実際にピアノで弾いてみるとこんな感じ。🎹↓

どうでしょう😃❓なんとなくわかりましたか🤔❓


休符の種類とその意味

次は休符です。休符とは、休みの部分を表します。😃

つまり休符が書かれている部分は音を出さない。ということを意味します。

主な休符の種類は次の通りです。☝️

全音符は下向き。2分休符は上向き。


数え方は音符と一緒。😃

音符と組み合わせて行くと。。。🎶🎶

ピアノで実際弾いてみると、🎹↓

ここまでできたら簡単な曲は読めるようになりますよ😃‼️


例えばこれ、有名なバッハのメヌエット。🎹↓


付点のついた音符、休符

音符の横に点がついた音符があります。これらは付点音符というもので、付点がつくと、その音の長さの半分の長さを足した音の長さになります。😳

。。。え😳❓

例えば2分音符に付点がつくと、

2拍+1拍(2分音符の半分の長さ)=3拍となります。😃

4分音符に付点がつくと、

1拍+0.5拍(4分音符の半分の長さ)=1.5拍となります。😃

↑この場合、4分の3拍子なので、(123、123、123)と数えます。😃



ピアノの楽譜は他の楽器の楽譜より難しい?

これは私の個人的な意見なのですが、ピアノの楽譜を読むのは他の楽器の楽譜を読むより難しいと思います。😭

私は以前にピアノ以外に吹奏楽部で管楽器を担当していたことがあるのですが、

基本的に管楽器はピアノと違って一度に一つの音しか出せないので、そもそも書かれている音の数が少ないんです。😀☝️

しかし、ピアノは一度に10(10本の指)の音、もしくはそれ以上も一度に出すことができるので、音符の量が多くなるんですよね。😭

さらに、ヘ音記号とト音記号。2つの楽譜を一気に読むんですから。。😱

慣れるまでは大変ですが、慣れてしまえば知らない曲でも楽譜を読んで弾くことができますし、たくさんの曲に挑戦できるので、ぜひ楽譜の読み方を学んでみましょう。😃😃


以上、

次回もう少しピアノの楽譜に必要なことと、この知識で読める、弾けるであろうクラシック曲について書きます。😀

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする