ピアノ英語を学ぶ。【完全、長、短、増、減の音程】

私はアメリカ人のパートナーがいまして、現在アメリカにすんでおり、普段から英語を使って生活をしています。

しかし、アメリカではピアノ教室や音楽教室などには通ったことはなく、音楽用語やピアノ関係の英語で、日本語では言えるけど、英語ではどういうんだろう🤔❓ということが多々あります。

そこで、利用している英語の楽譜や教則本、また、ピアノ動画をあげている海外のピアニストやYouTuberの英語の中からピアノ英語を学びながら、ご紹介していきたいと思います🤓🤓☝️

完全、長、短、の音程を英語で。

完全系の音程には完全1度、完全4度、完全5度、完全8度があり、

対して長短系の音程は2度、3度、6度と7度がありますよね😀🎹❓

それぞれ英語ではなんと言うでしょうか😀❓

まず完全系。☝️

完全系の音程は英語では Perfect(パーフェクト)と言い、それぞれ下のように呼ばれます。😀

完全1度完全4度完全5度完全8度
Perfect UnisonPerfect 4thPerfect 5thPerfect Octave
パーフェクト ユニゾンパーフェクト フォースパーフェクト フィフスパーフェクト オクターブ


長は Major(メイジャー)、短は Minor(マイナー)と呼ばれ、それぞれ下のように呼ばれます。☝️🎹

また、それぞれはじめの M だけを使って表すこともあります。

その際には長は大文字の【M】、短は小文字の【m】が使われます。

長2度長3度長6度長7度
Major 2nd / M2Major 3rd / M3Major 6th / M6Major 7th / M7
メイジャー セカンドメイジャー サードメイジャー シックスメイジャー セブンス
短2度短3度短6度短7度
Minor 2nd / m2Minor 3rd / m3Minor 6th / m6Minor 7th / m7
マイナー セカンドマイナー サードマイナー シックスマイナー セブンス


増、減の音程を英語で。

それでは増、減のつく音程は。。🤔❓

増は Augmented(オーギュメンティド)Augment には増加させる、半音あげるなどの意味があります。略す時は aug 。☝️

関係ないですが、8月(August)を略す時も Aug と書いたりしますね。😙☝️笑

減は Diminished(ディミニッシュド)Diminish には減らす、少なくするなどの意味があります。略す時は dim

こちらも音楽とは関係ないですが、英語で dim というと、仄暗いとか、暗くするという意味になります。😙

増1度増2度増3度増4度増5度増6度増7度増8度
aug 1aug 2aug 3aug 4aug 5aug 6aug 7aug 8
オーギュメンティド ファースト、セカンド、サード、フォース、フィフス、シックス、セブンス、エイス
減1度減2度減3度減4度減5度減6度減7度
dim 1dim 2dim 3dim 4dim 5dim 6dim 7
ディミニッシュド ファースト、セカンド、サード、フォース、フィフス、シックス、セブンス


全音的音程、半音的音程を英語で。

ついでに全音階的音程と、半音階的音程もご紹介。😀😀🎹

全音階的音程は Diatonic Interval(ダイアトニック インターンバル)

半音階的音程は Chromatic Interval(クロマティック インターバル)

です。😀☝️


Intervals 例文

A capital letter “M” is used to signify a major interval.
大文字のMは長音程を意味します。


A diminished interval has one less half step than a perfect interval.
短音程は完全系の音程より半音下がった音程です。


以上、

完全1度は Perfect Unison🎹🎼☝️

英語で書くと急にかっこよく感じますね😂😂😂

パーフェクトユニゾンってなんだかとても強そう🤔🤔‼️

Ichiropracticespiano

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする