ピアノ英語を学ぶ。【三連符】

私はアメリカ人のパートナーがいまして、現在アメリカにすんでおり、普段から英語を使って生活をしています。

しかし、アメリカではピアノ教室や音楽教室などには通ったことはなく、音楽用語やピアノ関係の英語で、日本語では言えるけど、英語ではどういうんだろう🤔❓ということが多々あります。

そこで、利用している英語の楽譜や教則本、また、ピアノ動画をあげている海外のピアニストやYouTuberの英語の中からピアノ英語を学びながら、ご紹介していきたいと思います🤓🤓☝️

三連符とは。

三連符はある音を3等分にした音符のことです。

例えばこちら、🎹☝️

三連符の例

これは4分音符を3等分した三連符。つまり4分音符の1拍の間に三つ音が入るということですね、🤔🎹

このようにカッコと3と書かれる場合や、カッコなしで音符のうえに”3”と数字だけで書かれる場合もあります。🎼☝️


三連符を英語で。

この三連符、英語では Triplet(トリプレット)、複数形は Triplets(トリプレッツ)といいます。😀

3回、3倍などを意味する Triple(トリプル)と似ているので覚えやすいですね。😂


ポリリズムを英語で。

ちなみになんですが、三連符と少し関連して、私の苦手なポリリズムについて。😂

ポリリズムとは複数の異なったリズム(拍子)が同時に演奏されること。。。

と説明を聞くと、どういうこと・・😱❓と思いますが、、

例えば3連符と8分音符が同時に演奏されたりすること。。

リズムを取るのが難しいです。

たとえば下のリズム、

右手で3連符(赤)🖐、

左手で8分音符(緑🖐)のリズムを叩いてみてください。

ポリリズムの例

8分音符の2つ目の音が、3連符の2つ目と3つ目の間に入る。。。

ややこしいし、リズム取りずらいでしょ😱❓笑

このポリリズム、英語でも Polyrhythm(ポリリズム)と言います。😀

ポリは良いとして、実はリズムという英語 Rhythm 発音が難しいです。😂

リはrの発音、ズはthの発音、ムはmの子音の発音と、どれも日本語にはない音ですから、、笑

リ、ズ、ムではなくて、リ、ズムという感じで発音してみると良いんじゃないでしょうか😭❓


Triplets 例文

Triplets are grouped together with a figure “3” above or below the notes.
3連符は音符の上、もしくは下に3という文字で括られ、まとめられます。


If there is no “3” above or below the notes, they are not triplets.
もしも音符の上、もしくは下に3という文字がなければ、それらは3連符であはありません。

以上、

音楽とは関係ないですが、英語で双子は Twin 😀😀、三つ子を Triplet 😀😀😀と言います。

三つ子が三連符と同じ Triplet という言葉を使っているの、なんか可愛いですね。😚😂

Ichiropracticespiano

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする