ピアノ電子ピアノを購入の際に抑えておきたい3つのポイント


ピアノを始めようと、電子ピアノの購入をお考えですか🤔❓

電子ピアノはアコースティックピアノより値段が安く、

またボリュームの調整が出来たり🔈🔇

ヘッドホンをすると24時間周りを気にせず練習が出来て🎧

現代の多くの人に適したピアノのタイプだと思います😄☝️

私もピアノの練習再開すると決め、電子ピアノを購入した1人です😉

ただ購入の際に注意したい点がありますので⚠️

今回は電子ピアノを購入の際に抑えておきたいポイントをまとめてみました😗

鍵盤の数

アコースティックピアノの鍵盤の数は88です🎹🎹

ですが、電子ピアノの中には61や73しか鍵盤が無いものもあります☝️

61や73しか鍵盤のない電子ピアノは88のピアノと比べると鍵盤の数が少ない分、

小さくて持ち運びには便利かもしれませんが、😀

幅広い音域が必要になるクラシックの曲を練習したいと考えているのなら、

絶対鍵盤の数が88ある電子ピアノ🎹を購入しましょう😃

逆にクラシックの曲を練習する予定が無く、

弾き語りなどに使いたい場合は鍵盤の少ない電子ピアノで事足りるかもしれません😀

ですが、

ピアノに触れているうちにクラシックを弾きたくなってくることもあるかもしれませんから、😂

迷っているのなら鍵盤数88の電子ピアノを選んだほうが良いでしょう😉



鍵盤システム

たとえば、グランドピアノやアップライトピアノといったアコースティックピアノを弾いているのに近い感覚の鍵盤が良いのか🤔❓

それとも電子キーボードに良くあるような、鍵盤に重さがなく、軽くて弾きやすい鍵盤が良いのか🤔❓

これもクラシックの曲の練習を考えているなら、

アコースティックピアノを弾いているのに近い感覚の鍵盤の種類が良いでしょう🤓


どういう鍵盤🎹か簡単に説明しますと🤨

アコースティックピアノはたとえば軽く鍵盤を押すと小さな音が出て🎶

強く激しく鍵盤を押すと大きな音🎶🎶が出ますよね😀❓

また低い音をだす鍵盤は重く、

高い音を出す鍵盤は軽くなっています😃


このようなアコースティックピアノの特徴に近い鍵盤がおすすめです。

各メーカーがアコースティックピアノの感覚に近い鍵盤を開発、販売しています🤓

メーカーによって鍵盤の種類の呼び方が異なっているのですが😅

  • グレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤(ヤマハ)
  • スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤(カシオ)

など、

もちろんアコースティックピアノと全く同じ☝️というわけではありませんが、

クラシックを練習するなら少しでもアコースティックピアノに近い鍵盤の感覚が良いですよね😃🖐



どんな付属品が必要になるか?

気に入った電子ピアノが決まって、支払いをする前に少しだけ、

考えてみましょう🤔⚠️

今、購入しようしてるピアノ🎹にはスタンドが必要ですか❓

そのスタンドもしかして別売りかもしれませんよ😅

ペダルは付いてきますか❓

それともペダルも別売りですか😅❓

必要な付属品を追加していったら、もっといいグレードのピアノと同じ料金になってしまった。。。😂

といった失敗を防ぐために、

購入する前にちゃんと確かめましょう🤓☝️

特に次の点に気をつけてください⚠️

  • ピアノを置くスタンド
  • 譜面台
  • ペダル
  • イス
  • ヘッドホン



以上、

電子ピアノを購入の際に抑えておきたいポイント🤓

1.       鍵盤の数

2.       鍵盤システム

3.       付属品

でした😗


Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする