ツェルニー 30番練習曲 10番、ピアノ独学で演奏してみた

チェルニー 30番練習曲 10番
Czerny Op.849 No.10

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

2冊目になって、先にあげた3人(チェルニー、ブルグミュラー、ハノン)の練習曲の他に加えて、ステファン ヘラーの練習曲も出てきました!

利用している教則本が気になる方はこちらへどうぞ

今回の演奏してみたは、

チェルニー 849 10
Czerny Op.849 No.10

です😄

チェルニーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)849は、

チェルニーの30番練習曲としてよく知られていると思います。今までに紹介した、チェルニーのリトルピアニストや第一課程練習曲、100番練習曲などと同様に、広く使われているチェルニーの練習曲集です。

ツェルニー30番練習曲 全音ピアノライブラリー

な、なんと!!😳

このチェルニーの30番練習曲集は中級と紹介されることもあり、

ついに初心者脱出か!?😳


今回はその練習曲集の10番です😀

ピアノの練習を再開してから8.5ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

この曲は左手から右手へスムーズな移り変わりの練習。😀🖐🖐

左手、右手、左手、右手、、、、

こんな感じで始めの2音を左手で弾いて、次の2音を右手で、という感じ。😂

ムラなくスムーズに左手から右手へ音をつなげていきます。😀

片手の音が極端に大きくなったり、逆に小さくなったり、テンポが違っていたり、

そんなことがないように気をつけます。☝️

ずっと同じような形が続くのですが、

少しずつ音が変わっていくので、

注意して楽譜を読まないと、どこで音が変わるか、見落としてしまいます。😂😂笑


この曲、チェルニー 30番練習曲 10番 に出てきた音楽用語。

用語意味
dim.ディミヌエンド だんだん弱く
poco rit.すこし速度を緩めて
a tempo元のテンポに(速さに)
cresc.クレッシェンド だんだん強く


演奏してみた、それではご覧ください。

Ichiropracticespiano

シェアする

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする