ブルグミュラー25の練習曲【つばめ】、ピアノ独学で演奏してみた

ブルグミュラー 25の練習曲【つばめ】
Burgmüller Op.100 No.24

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

2冊目になって、先にあげた3人(チェルニー、ブルグミュラー、ハノン)の練習曲の他に加えて、ステファン ヘラーの練習曲も出てきました!

利用している教則本が気になる方はこちらへどうぞ

今回の演奏してみたは、

ブルグミュラー 100 24【つばめ】
Burgmüller Op.100 No.24

です😄

ブルグミュラーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)100は、

ブルグミュラーの25の練習曲としてよく知られています。

初心者向けの練習曲集で、

今回はその練習曲集の24番です😀

チェルニーの練習曲と違って曲に題名が付いています。

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

ピアノの練習を再開してから12ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

この曲は右手の分散和音と左手の交差の練習。🖐🖐


手の交差

左手ではじめの音を弾いて、

右手、そしてまた左手。😂

左手がメロディーとなっています。左手がメロディーとなるのは右利きの私には難しい。。。😅🎹🖐

左手のメロディーがちゃんと聴こえるように、そして右手はメロディーを支えるように、音を大きく出しすぎないように。。🤔


私の楽譜ではテンポは Allegro non troppo (♩=104-132) となっていました。

そのテンポで弾こうとすると、私は全然指が追いつきませんでした、、、😭😭

それなので、少しゆっくりとしたテンポで弾いています。☝️

速く弾くことよりも両手のバランスや右手の16分音符がバラバラにならないようにということを意識しました。😀😀


ところで、

私はアメリカで購入した楽譜で練習しているため、左手で弾く音には LH【Left Hand】左手。と書かれていました。

でも上に乗せた楽譜では、左手で弾く箇所には m.s. と書かれていますね。🤔🤔

さらに、以前に練習した チェルニーの30番練習曲 29番 、そこには左手で弾く箇所は m.g と書かれていました。😂😂❓❓

調べてみると、イタリア語とフランス語の違いのようで、m.s.m.g両方とも【左手で弾く】という全く同じ意味のようです。😀☝️


この曲、ブルグミュラー 100 24 【つばめ】に出てきた音楽用語。

用語意味
Allegro con troppo速く、しかしあまり速すぎず♩=104-132
cresc.クレッシェンド だんだん強く
dim.ディミヌエンド だんだん弱く
m.s.左手で弾く
poco rit.だんだんゆっくりと



演奏してみた、それではご覧ください。

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする