ツェルニー 第一課程練習曲 86番、ピアノ独学で演奏してみた

チェルニー 第一課程練習曲 86番
Czerny Op.599 No.86

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

2冊目になって、先にあげた3人(チェルニー、ブルグミュラー、ハノン)の練習曲の他に加えて、ステファン ヘラーの練習曲も出てきました!

利用している教則本が気になる方はこちらへどうぞ

今回の演奏してみたは、

ツェルニー 第一課程練習曲 86番
Czerny Op.599 No.86

です😄

ツェルニー 第一課程練習曲 Op.599 解説付 (Zenーon piano library)

チェルニーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)599は、

今までに紹介した、リトルピアニストや100番練習曲と同じ様に、初級者向けの練習曲集です。

今回はその練習曲集の86番です😀

ピアノの練習を再開してから12ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

この曲は手の交差と、3連符の分散和音の練習。🤔🎹🖐

前半は左手の3連符で、右手が左手を越えて演奏する形です。🖐🖐


左手が3連符。右手が左手を越えて演奏。

右手が左手を超えて弾くのですが、手の移動の距離が大きいので、難しいです。😭


後半は右手と左手の役割が逆になり、

右手が3連符、左手が右手を越えて演奏。☝️🎹

右手が3連符。左手が右手を越えて演奏。


3連符はメロディーではなく、メロディーを支える分散和音ですので、優しく。うるさくならないように、😳

さらに、3連符のリズムとテンポは乱れないように、、、これもなかなか難しい。😂

メトロノームを使ってゆっくりなテンポから練習しても良いかもしれません。🤔☝️


この曲、チェルニー 第一課程練習曲 86番に出てきた音楽用語。

用語意味
cresc.クレッシェンド だんだん強く
Moderato控えめなスピード ♩=96−112
legato音を切らずに滑らかに


演奏してみた、それではご覧ください。

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする