第18回ショパン国際ピアノコンクール、一次予選終了

10月3日から7日にかけてポーランドのワルシャワにて、ショパン国際ピアノコンクールの一次予選が行われていました。

日本からは14名の方が出場し、8名の方が一次予選を通過されました。

YouTubeチャンネル登録数82.5万人(2021年10月時点)のかてぃんさん(角野隼斗さん)も一次予選を通過されて、二次予選へと進みました。

この一次予選で私の気になったあれこれを紹介します🤩

ショパン国際ピアノコンクール概要

ショパン国際ピアノコンクールは1927年に第一回のコンクールが開催されて、基本的には5年に一度開催され、今回は18回目です。

出場者はショパンの曲のみを演奏して競い合います。今回の応募者はなんと500人以上😳❗️

このショパン国際ピアノコンクールは一次予選の前にさらに、予備予選なるものがありまして、

一次予選に出場している時点でかなり選ばれた者なんですよね。予備予選は7月に行われていました。

そして、この一次予選の後、二次予選、三次予選、ファイナルと続きます😀

1位から6位までの出場者には賞金もでます。1位の賞金は4万ユーロ!日本円だと500万円くらいでしょうか🧐

ちょっと少ない気が、、、私だけでしょうか🤣❓笑

さらに詳しい概要をご希望の方は公式ホームページからご確認ください。英語とポーランド語で確認ができます。


気になった日本人の出場者

私は専門家ではありませんので、完全に私の趣味で日本人の一次予選出場者の中から一人をご紹介します😍

はじめにご紹介した、かてぃんさん(角野隼斗さん)や反田恭平など、有名な方ももちろん気になりましたが、

私が気になったのはこの方☝️😃

沢田蒼梧さんです!

私の個人的な意見なんですが、沢田さんのピアノ、なんだかセクシーなんです😍

そして、すっーーーと遠くから心地よく耳に入ってくるような音色☺️

ピアノはスタインウェイを選ぶ出場者が多かった中、SHIGERU KAWAI で演奏されました。😃

この1次予選では4曲を弾いているんですが、

まず1曲目に10分ほどの Ballade in G minor, Op. 23 を弾き、2曲目は Nocturne in D flat major, Op. 27 No. 2。

1曲目を弾き終えて、2曲目を弾きはじめるまで、たっぷりと時間を使い、タオルで汗を拭う。

3曲目は Etude in G sharp minor, Op. 25 No. 6。

さっきとは打って変わって、2曲目から3曲目へはあまり間を取らず、一つの曲かと思わせるような入り方。

そして静かに3曲目を終えます。☝️

4曲目は Etude in C sharp minor, Op. 10 No. 4。少しの間のあと、激しく始まり、その勢いのまま弾け終える。

演奏順は出場者が決められるようなんですが、沢田さんとても上手く演奏順を組んでいるなー🧐と思いませんか😃❓

きっと頭がいいんだろう🧐

それもそのはず。

何を隠そう、沢田さん実は名古屋大学の医学生でもあるんです😯❗️

医学を勉強しながら、ピアノを練習。。。そしてショパン国際ピアノコンクールへ出場してしまんですから、、、

どういう時間の使い方をされているんだろう。。。

もうね。すごすぎですよね。。。🤣🤣

見事一次予選を突破されました。😍❗️


気になった外国人の出場者

次は日本人以外から私が気になった出場者をご紹介。

気になったのはこの方。☝️

ロシアの アナスタシア ヤスコ さんです。😀

どうして気になったのかと言いますと、

動画を観ていただきたいのですが、3曲目に演奏をした Etude in A minor, Op. 10 No. 2。

この曲をよく知らない私でも、何か変だな🤔❓とすぐに感じました。

緊張からこのような状態になってしまったのか❓わかりませんが、技術はあるはずなのにそれが出しきれず、本人はとても悔しい思いをしていたと思います。😭

この曲をなんとか弾き終え、

私はこの後どうなってしまうのか、ドキドキしていました。。。😳😳

アナスタシアさんは目を閉じ、時間をかけて呼吸を整え、

4曲目を見事弾き終えます。

この切り替えが、素晴らしい😭。かっこいい☝️。

私ならもう諦めてしまい、、、ステージから逃げ出していたと思います。笑

残念ながら一次予選の突破とはなりませんでした。😭


気になった使用されているピアノ

このコンクールで使用されているピアノが気になったので調べてみました。🧐☝️

今回のコンクールではスタインウェイ、ヤマハ、カワイ、FAZIOLI(ファツィオリ)の4社のピアノが使用されていました。

スタインウェイは2つのモデルがあったようで、計5つのピアノの中から出演者は15分以内に使用するピアノを決めなければいけなかったようです。😳

一番人気はスタインウェイ。約75%の出場者がスタインウェイを選択。🎹

2番人気はヤマハ、そしてファツィオリ、カワイと続いたようです。🎹

沢田さんはカワイ、アナスタシアさんはスタインウェイを使用していました。😃



気になった一次予選通過者とこれからのスケジュール

さて、87人が出場した一次予選ですが、そのうち45人が二次予選へと進みました。☝️

出場者の多い国別に

  • ポーランド 9人
  • 日本 8人
  • 中国 7人
  • イタリア 5人

と続きます。

さすが、ショパンの生誕地、ポーランドの出場者が多いですね🤣❗️

で、ポーランドのその次が日本😳❗️

これからのスケジュールですが、

10月9日から12日にかけて二次予選が開催され、

10月14日から16日にかけて三次予選。

10月18日から20日にかけてファイナルという予定となっています。

日本人出場者たちがどこまで行けるか😍😍

とても楽しみです。


Ichiropracticespiano

シェアする

3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする