ツェルニー 第一課程練習曲 20、ピアノ独学で演奏してみた*2年後弾き直しアリ

チェルニー 599 20 Czerny Op.599 No.20


練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

今回の演奏してみたは、

チェルニー 599 20
Czerny Op.599 No.20

です😄

チェルニーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)599は、

初心者用の練習曲集で、

今回はその練習曲集の20番です😀

ピアノの練習を再開してから3週間くらいの動画です😅

ツェルニー 第一課程練習曲 Op.599 解説付 (Zenーon piano library)



演奏する際に注意したい点

この曲は左手の位置の移動もあって、難しかったです😅

動画でも紹介してますが、

始めのところに左手の ドソミソ ドソミソ 🎹という動きから

ソミドミ ソレシレ 🎹と左手🖐を移動させるところを特に練習しました。

また最後に同じように左手が動くところがあって、そこも結構練習しました😂

ここの左手の部分は慣れるまで時間がかかりました。。😂

と、左手をちゃんと弾くのに集中していて、楽譜に書かれている、強弱記号はあまりうまく表現できていません。。😅

ちなみにこの左手の動き、

アルベルティ バス と呼ぶそうです🙄初めて知ったー。


演奏してみた、それではご覧ください。


演奏してみた、それではご覧ください。*練習再開2年

実はピアノ練習再開して、2年目に弾きたい曲の練習時間が十分に取れないと言う理由で、チェルニーの練習をおやすみしていました。😅🎹

3年目に入って、もう一度チェルニーの練習を頑張ってみようという気持ちが芽生えてきましたので、この曲を弾き直してみました。🙄🙄

この曲で初めて「アルベルティ バス」という言葉をしったんですね🤣

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする