ブルグミュラー25の練習曲【牧歌】、ピアノ独学で演奏してみた

ブルグミュラー 100 3【牧歌】 
Burgmüller Op.100 No.3

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします😂

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

今回の演奏してみたは、

ブルグミュラー 100 3【牧歌】
Burgmüller Op.100 No.3

です😄

ブルグミュラーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)100は、

ブルグミュラーの25の練習曲としてよく知られています。

初心者向けの練習曲集で、

今回はその練習曲集の3番です😀

チェルニーの練習曲と違って曲に題名が付いています。

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

ピアノの練習を再開してから1ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

そもそも 【牧歌】ぼっか って何。。😅❓

調べてみると、牧歌とは

牧人や農民などの生活を主題とした詩歌

らしいです。あまり想像がつかないんですが、

この曲の初めに dolce cantabile やさしく歌うようにという指示があるので、

それを意識して弾いてみると良いかも。😃

装飾記号

この曲には下記のような装飾記号があります🙂

ミの前にファを入れる
ドの前にラシを入れる

で、この装飾音は丁寧に弾きたかったのですが、私の演奏を聞いてみると、

焦って無理音をやり入れている感じがしますね。。。😂

もっと丁寧に入れましょう。。😅

あと、私の楽譜には不思議な指使いがかかれていました。🤔

ここは始めのラの音も3ではなく、2の指で弾いた方が弾きやすいんじゃ無いかなと思うのですが、なぜ3の指番号が書かれているかちょっとわかりませんでした。😂❓

わかる方いたら教えて欲しいです。😅


テヌート

最後の方にこの曲で唯一のテヌートが出てきます。

このソの音についている棒線がテヌートです😃

テヌートは長さを十分保って演奏するという意味なんですが、

ここの場合すでにスラーが付いていて滑らかに演奏する指示があるので、

何か違う意味でテヌートがついていると思います🤔

重要な音や少し主張させたい音にテヌートを使う場合もあるようなので、

アクセントとまではいかないけど、他の音とは区別できるように弾けると良いですね😀



演奏してみた、それではご覧ください。


練習から6ヶ月経ったので弾き直してみた。

初めてこの曲を弾いてから6ヶ月が経ちました。😳😳

自分の上達具合を確認するために、この曲を弾き直して、撮ってみました。😂

以前に弾いたのが、意外と上手く弾けているようで、

6ヶ月後の今と比較しても、、あまり変わらない。。。。😂❓❓笑

一応以前よりも、もっと歌うように、そして強弱を気をつけて弾いてみたんですが。。。どうでしょうか😅❓

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする