ツェルニー 第一課程練習曲 13、ピアノ独学で演奏してみた*2年後弾き直しアリ

チェルニー 599 13
Czerny Op.599 No.13

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

今回の演奏してみたは、

チェルニー 599 13
Czerny Op.599 No.13

です😄

ツェルニー 第一課程練習曲 Op.599 解説付 (Zenーon piano library)

チェルニーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)599は、

初心者用の練習曲集で、

今回はその練習曲集の13番です😀

ピアノの練習を再開してから1ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

まず左手ですが、ずっと下のような形が続きます🙂

始めのドの音は全音符なので🎹

4の指(薬指)で鍵盤を押しっぱなしにして、しっかり音を伸ばしながら、

1と2の指(親指、人差し指)でミとソの音を弾きます🖐😉


あと、スラー【音と音をつなげて滑らかに演奏をする】やスタッカート【音を短く切って演奏する】を意識すること🤓

特にこの部分、

2音ずつスラーがついているので、全ての音を滑らかにつなげて演奏するのではなく、2音ずつ区切るような感じで弾いた方がいいと思います🤔


最後に指使い🖐

一番最後の部分の指番号はこんな感じで私の楽譜に書かれていました。

結構難しいですが、書かれている通りに弾いてみましょう😀


演奏してみた、それではご覧ください。


演奏してみた、それではご覧ください。*練習再開2年

ちょっとテンポ速く弾きすぎちゃったかも。あと、最後の運指も少し弾きやすいように変えています。

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする