ツェルニー 第一課程練習曲 18、ピアノ独学で演奏してみた*2年後弾き直しアリ

チェルニー 599 18
Czerny Op.599 No.18

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

今回の演奏してみたは、

チェルニー 599 18
Czerny Op.599 No.18

です😄

チェルニーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)599は、

初心者用の練習曲集で、

今回はその練習曲集の18番です😀

ツェルニー 第一課程練習曲 Op.599 解説付 (Zenーon piano library)

ピアノの練習を再開してから1ヶ月半くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

この練習曲で気をつけたいのは、

右手の16分音符

この曲、右手はほとんど16分音符なのですが、😅

一つ一つの16分音符を均等の長さ、リズムで弾けるように気をつけます🎹🖐

左手はスタッカートがついているところは軽く、短く。

スタッカートがついていないところはしっかりと音を保ちます😀


最後の方に出てくるこの右手の動き、😱

難しかったです。はじめはゆっくりとしたテンポで練習をして、徐々に速いテンポでも弾けるように練習をしました。😅

ここも一つ一つの音のが均等になるように。☝️


演奏してみた、それではご覧ください。


演奏してみた、それではご覧ください。*練習再開2年

テンポを少し上げて弾くことができるようになっていますが、やっぱり右手の16分音符が左手に追いつかなくて、遅れていきます。😂

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする