ブルグミュラー25の練習曲【無邪気】、ピアノ独学で演奏してみた

ブルグミュラー 100 5【無邪気】 
Burgmüller Op.100 No.5

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします😂

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

今回の演奏してみたは、

ブルグミュラー 100 5【無邪気】
Burgmüller Op.100 No.5

です😄

ブルグミュラーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)100は、

ブルグミュラーの25の練習曲としてよく知られています。

初心者向けの練習曲集で、

今回はその練習曲集の5番です😀

チェルニーの練習曲と違って曲に題名が付いています。

ピアノの練習を再開してから1ヶ月半くらいの動画です😅

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー


演奏する際に注意したい点

この曲の始めには granzioso 【優雅に】という指示があります。

優雅って。。。。。😅❓

優雅。。?

アフタヌーンティーを楽しんでいる時に流れてくる音楽のような感じ❓😂

キラキラ🤩とした感じをイメージして弾いてみました。


曲の真ん中あたりには leggiero 【軽く】 という指示が

 leggiero 【軽く】 

右手はスタッカートがついている音符もありますので、軽快に、

でも左手はスラーがついていますので滑らかに🎹


あと、毎回言っているような気がしますが、右手の16分音符はムラなく、均等に、弾くようにします😅

ここに書かれている 8va は、書かれている音符よりオクターブ高く弾くという意味です🎹🖐。
そして曲終盤のここは16分音符を滑らかに均等に弾く最大の難関。。。😱

指の動きが、とても難しい。。。😱

指越えて、指くぐらせて、。。。😅

私も全然うまく弾けていません。😱


演奏してみた、それではご覧ください。


練習から6ヶ月経ったので弾き直してみた。

今回はとにかく、granzioso 【優雅に】を意識して、弾いてみました。😀🎹

私の楽譜にはこの曲にペダルの指示は全くなかったのですが、

granzioso 【優雅に】感を出すために、ペダルを使ってみました。テンポも少し速くしてみました。🎹☝️

前回の演奏をみていて一番気になったのが、この曲の最後の音。😅

楽譜にはf(フォルテ)と書かれていますが、あまりにも強く弾きすぎ。😱😱

それなので、エレガントな f を目指して弾きました。😀

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする