ツェルニー リトルピアニスト 19、ピアノ独学で演奏してみた*2年後弾き直しアリ

チェルニー 823 19
Czerny Op.823 No.19

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

利用している教則本が気になる方はこちらへどうぞ

今回の演奏してみたは、

チェルニー 823 19
Czerny Op.823 No.19

です😄

チェルニーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)823は、

リトルピアニスト=小さなピアニストという名もついている様に。

初心者向けの練習曲集です。

ツェルニー リトルピアニスト (zen‐on piano library)

今回はその練習曲集の19番です😀

ピアノの練習を再開してから4ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

この曲はシンプルで、右手のメロディーに左手の三連符の アルペジオ 【和音を低い音から順番に弾く】

アルペジオって😅。。。❓❓

よく聞くドミソ、ドミソ。といった形の演奏法ですね🤔🖐

右手がメロディーなので、左手のアルペジオがうるさくならない様に😅

また、私の楽譜には  レガート legato【音を切らずに滑らかに】と言う指示も書かれていましたので、そこにも気をつけます😀☝️

あと、最後のほうで右手が高い音に動くところがあるのですが、そこの指番号も確認していた方がいいですね😅

私の動画を見ていただくとわかると思うのですが、私はそこちゃんと確認してなかったために、少し無理な指使いになっています😅😅笑


演奏してみた、それではご覧ください。


演奏してみた、それではご覧ください。*練習再開2年

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする