ピアノ英語を学ぶ。【ト音記号・ヘ音記号】

私はアメリカ人のパートナーがいまして、現在アメリカにすんでおり、普段から英語を使って生活をしています。

しかし、アメリカではピアノ教室や音楽教室などには通ったことはなく、音楽用語やピアノ関係の英語で、日本語では言えるけど、英語ではどういうんだろう🤔❓ということが多々あります。

そこで、利用している英語の楽譜や教則本、また、ピアノ動画をあげている海外のピアニストやYouTuberの英語の中からピアノ英語を学びながら、ご紹介していきたいと思います🤓🤓☝️

【ト音記号・ヘ音記号】を英語で。

まず、ト音記号、ヘ音記号は楽譜の始めにかかれている記号のことです。一般的にはト音記号は高い音を表すときに使われて、逆にヘ音記号は低い音を表す時に使われることが多いです。😃😃

ピアノでしたら、右手のパートがト音記号で書かれて、左手のパートがへ音記号で書かれることが多いですね。😃🖐🖐

上がト音記号、下がヘ音記号。

ト音記号 は英語で、Treble Clef と言います。無理矢理カタカナで表すとすると、トレブル クレフ ですね。😅

Treble 高音の という意味。
Clef音部記号 という意味。

なので、Treble Clef (高音の音部記号)=ト音記号 というわけです。🤓✍️


ヘ音記号 は英語で、Bass Clef と言います。気をつけたいのは読みかた‼️☝️

そのまま読むと、バス クレフですが、これは間違い。バスではなく、ベース クレフと発音します。😀

Bass(ベース) 低音の という意味。
Clef音部記号 という意味。

なので、Bass Clef = へ音記号 🤓✍️


Treble Clef / Bass Clef の他の言い方。

この二つの記号には英語では別の言い方もあります。☝️😃

Treble ClefG Clef と呼ばれることがあります。

なんでもこのト音記号は G という文字が変化した記号だそう。。。😳😳

Gが変化した記号。。。。😳??

また Bass Clef F Clef と呼ばれることがあります。

これも G Clef と同様に F という文字が変化してできた記号らしい。。😂😂

え。。えふ??F?😂

ちなみに日本語で音階は、はにほへといろ。などと表すこともありますよね😀❓

ト音記号の ト音 ということは のことなので、英語だと G だと考えると、

G Clef = ト音記号

へ音記号の ヘ音ファ、英語だと F

F Clef = ヘ音記号

と納得できますね🤔

 ド  レ    ファ  ソ    シ 
日本語
英語CDEFGAB
英語と日本語の音の呼び方

英語での詳しい音の呼び方はこちらで書いていますので、もし興味がありましたらこちらの記事もどうぞ。😀


Treble Clef / Bass Clef 例文

The treble clef is used for notes in the higher pitch range.
ト音記号は高い音域の音に使われます。


The F clef is one of the most common clefs in music.
ヘ音記号は音楽のなかで、最も一般的な部音記号の一つです。


以上、

実はト音記号、へ音記号の他にもハ音記号なんてのもありますが、ピアノでは使われることはないんじゃないかな。。。🤔❓ということで、省いています。😀笑

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする