ピアノ英語を学ぶ。【線譜】

私はアメリカ人のパートナーがいまして、現在アメリカにすんでおり、普段から英語を使って生活をしています。

しかし、アメリカではピアノ教室や音楽教室などには通ったことはなく、音楽用語やピアノ関係の英語で、日本語では言えるけど、英語ではどういうんだろう🤔❓ということが多々あります。

そこで、利用している英語の楽譜や教則本、また、ピアノ動画をあげている海外のピアニストやYouTuberの英語の中からピアノ英語を学びながら、ご紹介していきたいと思います🤓🤓☝️

【五線譜】を英語で。

一般的に西洋の音楽では五線譜というスタイルの楽譜を使います🎼😀

五線譜とはその名の通り、5本の線でできてます😀笑

これが五線譜

まぁよく見るやつですよね😅

この五線譜🎼。英語では Staff と言います。😃

スタッフ。お店のスタッフ。スタッフ〜。😙

そう、そのスタッフと全く同じスペルで、発音も一緒です。😀


【五線の線と間】を英語で。

ちなみに、この Staff の線と、線と線の間にそれぞれ名前がついています。😃


まずは線の名前☝️

線の名前

下から Line (ライン) 1、Line 2、Line 3、Line 4、Line 5 と呼ばれるそうです。🤓☝️

日本語だと下から第1線、第2線、第3線、第4線、第5線。


次に線と線の間の名前☝️

間の名前

下から Space (スペース) 1、Space 2、Space 3、Space 4。😀

日本語では下から第1間、第2間、第3間、第4間。😗


こちらの記事で↑

音符は英語で Note だと書きましたが、5線の線上にある音符は、

Line Note【線上の音符】

そして、線と線の間にある音符は、

Space Note【線と線の間の音符】というらしい。🤓

この Space という英語、スペース、隙間とかいう意味の他に、【宇宙】という意味もあります。😂


Staff、 Line、 Space 例文

A staff has 5 lines and 4 spaces.
線譜には5つの線と4つの線間があります。


Notes are placed on the lines and in the spaces.
音符は線上や線間に位置しています。



以上、

調べるまで、一つ一つの線や、その間のスペースに名前があるとは知りませんでした。😳😳

Ichiropracticespiano

シェアする

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする