ピアノ英語を学ぶ。【小節】

私はアメリカ人のパートナーがいまして、現在アメリカにすんでおり、普段から英語を使って生活をしています。

しかし、アメリカではピアノ教室や音楽教室などには通ったことはなく、音楽用語やピアノ関係の英語で、日本語では言えるけど、英語ではどういうんだろう🤔❓ということが多々あります。

そこで、利用している英語の楽譜や教則本、また、ピアノ動画をあげている海外のピアニストやYouTuberの英語の中からピアノ英語を学びながら、ご紹介していきたいと思います🤓🤓☝️

【小節】を英語で。

ピアノの楽譜では 大譜表 (だいふひょう)という五線譜が2段になった形の楽譜を利用しますが、

大譜表についてはこちら↓

五線譜はいくつもの縦線で小節に分けられています🎼😀😀🎼

この 小節 は英語では Measure(メジャー) もしくは Bar(バー)といいます😀

小節と小節を区切る線を日本語では 小節線 といい、大譜表ではこの小節線は2段、上から下まで一直線に引きます。英語では Bar Line(バーライン)と言います😃😃

楽譜の最後は太い線と小節線の2本の線を書きます。これは 終止線 といいます。これがあると、その曲はそこでおしまい。ということですね。この 終止線 は英語で Double Bar (ダブルバー)といいます。2本の線なので、Double Bar。わかりやすい。😂😂


【何小節目】を英語で。

ちなみに、1小節目とか5小節目を英語でどういうか🤔❓❓といいますと、

First(1番目の), Second(2番目の), Third(3番目lの), Fourth(4番目の), Fifth(5番目の)….というようにものを数える時の英語をくっつけて、

一小節目は First measure (もしくは First bar) 、

五小節目は Fifth measure (もしくは Fifth bar) と言います。😀😀


Measure / Bar 例文

Music is divided into measures by bar lines.
音楽は小節線にて小節に分けられます。


Let’s play from the fifth measure.
五小節目から演奏してみましょう。


以上、

小節とは関係ありませんが、始めから演奏しましょう。という時は英語で、From the top ということができますよ。😃☝️

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする