ブルグミュラー25の練習曲【進歩】、ピアノ独学で演奏してみた

ブルグミュラー 100 6 【進歩】Burgmüller Op.100 No.6

練習してきた曲たちの動画ご紹介をします🤣

ちなみに現在はチェルニー、ブルグミュラー、ハノンの3つの練習曲に取り組んでいます😀

それぞれの楽譜を購入したわけでは無く、

3つの練習曲が1冊にまとめられた楽譜本を購入して、3つ同時に進めています😗

2冊目になって、先にあげた3人(チェルニー、ブルグミュラー、ハノン)の練習曲の他に加えて、ステファン ヘラーの練習曲も出てきました!

利用している教則本が気になる方はこちらへどうぞ

今回の演奏してみたは、

ブルグミュラー 100 6 【進歩】
Burgmüller Op.100 No.6

です😄

ブルグミュラーのOp(オーパス、作品という意味らしいです)100は、

ブルグミュラーの25の練習曲としてよく知られています。

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

初心者向けの練習曲集で、

今回はその練習曲集の6番です😀

チェルニーの練習曲と違って曲に題名が付いています。

ピアノの練習を再開してから5.5ヶ月くらいの動画です😅


演奏する際に注意したい点

はじめの16分音符の部分の指の移動がスムーズにいくように、ゆっくりのスピードで練習を始めると良いと思います。😃☝️

指の入れ替えがうまくいくように指番号は要チェック

また、右利きの私は左手の動きが遅れがちで、バラバラになりやすかったので、

右手と左手の音の動きが合うように、練習ではわざと左手を大きめにひいて、

左手が右手とあっているか聞きながら練習しました。🤔🖐🖐

それでも動画を見てみると、まだ両手は揃っていませんね。。。😂😂笑


スタッカート【音を短く切って演奏する】スラー【音と音をつなげて滑らかに演奏をする】が出てきますので、ちゃんと弾き方を変えて表現しないといけないですね。😀☝️

スタッカートとスラー
スタッカートとスラー


最後には D.C. 【ダカーポ・はじめにもどる】 という指示がありますので、最後まで弾いたら一度、はじめに戻ります。

そして Fine【フィーネ・演奏終了】と書かれているところまで弾いたて、そこで終了です。😀😀

私のピアノの腕も少しは【進歩】したかな。。。😂❓



演奏してみた、それではご覧ください。

Ichiropracticespiano

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする